はじめに

はじめに

※当サイトは、「天使夫と悪魔嫁」旧ブログのお引越し先でございます。

ご興味がおありの方は、旧ブログの方もご覧下さいませ。

以下は旧ブログ開設時のご挨拶転載文です。

 

はじめまして。

他称・悪魔嫁と申します。

このブログは次のような方にお勧めです。

1)いま、恋愛や結婚に悩んでいる
2)彼にプロポーズされたい
3)夫婦円満の秘訣を知りたい
4)ゼクシィが目に付く
5)幸せな結婚をしている夫婦が身近に少ない(居ない)
6)幸せな結婚をしたい
7)死ぬまで溺愛され続ける方法を知りたい
8)男性にお姫様のように扱われたい
9)自分はドMである
10)自分も溺愛されているので、一緒にノロケたい
11)愛されて結婚するのと、愛して結婚するの、
どちらが良いのか分からない
12)男性不信

私は幼少期、医師や弁護士、経営者が多い学校に通っていました。
小学校から女子校でした。
母親といえば、専業主婦が当たり前で、

「品行方正」「清楚」「上品」「美人」「良妻賢母」

↑こういう女性ばかりの世界だったのです。

私の母もそうでした。

でも、幸せそうな人は少なかった。

だから、私は子供心にも薄々気付いていたのです。

お金があるだけでは、必ずしも幸せになれないこと。
「理想の女性」とも思える立ち居振る舞いをしているだけでは、
必ずしも愛されないことに。

一方、祖母は、祖父が婚約者を捨てて選んだ「不良娘」でした。

彼女は、決して「良妻賢母」の鑑のような女性ではありませんでした。

しかし、祖父が息を引き取る直前まで、祖父に溺愛され続けました。

一体、なぜ完璧にも見える女性たちが夫の浮気に日夜悩む一方で、
祖母は死ぬまで夫に愛され続けたのか?

私は、いつもそれを疑問に思って参りました。

そして、もうひとつ。

私にとって、地位や名誉や富を持つ男性は、
珍しい生き物ではなかったのですが、
一途に一人の女性を愛し続け、心から信頼できる誠実な男性は、
非常に稀有でした。

世の中、「お金持ちなら良い」という女性も居ますが、
私は、リッチな遊び人にいくらモテても嬉しくなかったのです。

ですから、誰かの「ナンバーワン」ではなく「オンリーワン」になる方法。

これを模索して参りました。

現在は、「他称・天使」の主人との結婚生活を愉しんでおります。

お勧めはしませんが、せっかくですので、
「とにかくお金持ちなら良い」女性向けにも、
そういう男性と出会う方法などを今後ご紹介して参ります。

同時に、主人と私の日常もお伝えして参りますので、
「愛するより愛されて結婚したらどうなるのか?」
のご参考になさって下さいませ。

「やっぱり私は愛する男性と結婚したい!」

と思うかもしれませんし、

「追いかける恋愛の方が好きだったけど、
愛されて結婚するのも悪くないかも…」

と思うかもしれません。