シンデレラが王子様と結ばれた本当の理由

シンデレラが王子様と結ばれた本当の理由



突然ですが、
シンデレラは、
なぜ王子さまと結婚できたのだとお思いですか?

優しかったから?

美しかったから?

けなげだったから?

人に助けて貰える人徳があったから?

魔法使いのおばあさんに助けて貰える幸運に見舞われたから?

まあ、初デートを短く切り上げて、
相手に物足りなさを覚えさせながら、
ミステリアスに去る辺りは、
恋愛のテクニックという気も致しますね。

しかし、ちょっと待って下さい。

それはあくまでも、
王子様に見初められた「あと」のお話です。

その前に、この物語に絶対欠かせない要素がございますね?

それは何かと申しますと、

シンデレラが魔法使いのおばあさんによって、
12時までの期間限定ながら、
誰よりも輝くおしゃれをする点なんです。

シンデレラは美人だったかもしれません。

けれど、ベースがどんなに美人であっても、
魔法使いのおばあさんの魔法がなければ、
まず「舞踏会に行けなかった」のです。

当たり前ですが、舞踏会に行かなければ、
王子様に見初められる事もございません。

シンデレラが、
どれほど美しく、
性格が良くても、
です。

また、彼女は素敵にドレスアップする事によって、
舞踏会の会場で、

「どこの国のお姫様かしら」

と囁かれ、人々の注目の的になります。

もし「灰かぶり」の姿のままだったなら、
そもそも会場へ入れて貰えなかったかもしれませんし、
王子様の目に留まる事も無かったかもしれません。

どんな絶世の美女も、髪もぐちゃぐちゃ、
すっぴんでみすぼらしい恰好をして居ては、
「場違いな人」になってしまいます。

(※ついでに、どんなに豪華でも、
  とんでもなく悪趣味だった場合も、
  やはり「残念な人」で終わっていた事でしょう)

繰り返しますが、
シンデレラが、
どれほど美しく、
性格が良くても、
です。

実際、彼女は招待状も持っていなかったはずですし、
大臣に名前を読み上げられる事もございませんでした。

ただ、美しく着飾った姿そのものが、
舞踏会への入場券になったのです。

招待状を見せなくても、
周囲を説得する装いだったのです。

これが何を意味するか、
お分かり頂けますでしょうか?

貴女は今までさんざん、
ありとあらゆる恋愛ノウハウを実践してきたかもしれません。

男女の心理学や恋の駆け引きを学んできたかもしれません。

ユキコ道も完璧に学習なさっているかもしれません。

しかし。

シンデレラストーリーにおいて、
1番重要な部分は、
実は

外見を整えること

なのでございます。

あまりに単純過ぎて、
拍子抜けなさったでしょうか?

「外見になら気を使っていますけど、
恋愛は全然上手く行ってません」

と仰る方もいらっしゃるかもしれませんね。

ただ「外見を整える」だけでは説明不足でしょうから、
これから少しずつ、詳細をご説明して参りますね。

 




")

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。