お茶の楽しみ

スポンサーリンク

新婚の時、天使夫に戴いた食器棚(?)の一段は、
30種類以上のお茶で占められております。
ここもそのうち、もっと綺麗に整理するかもしれません。
IMG_9861.jpg
食器棚は100年位前のアンティークですが、
お店にあった時のこの写真では、
新品のように綺麗に見えますね(写真では)。
IMG_8139.jpg
IMG_8382.jpg
私は白い服を着ている事が多いですが、
家の中の家具も、ほとんど全てを白で統一しております。
IMG_7885.jpg
天使夫と私は、とにかくよく家でお茶を楽しみます。
お茶を求めて1番良く足を運ぶのは、銀座のマリアージュフレールです
(行くと、色々なサービスをして貰えるので、つい銀座店に偏ります…)。
でも、伊勢丹も定期的にお茶の催事があり、
目新しいお茶を見つけては、試してみております。
先日、試飲したお茶を買って帰って、
早速家で天使夫に淹れて貰ったのですが、
悪魔嫁「あら、試飲した時より美味しくお茶が淹れられてるわ」
結婚前は、紅茶の淹れ方さえご存知無かった天使夫が、
今ではとても美味しいお茶を淹れて下さるようになりました。
私たちは、基本的には英国式より、フランス式のお茶の淹れ方が好きです。
英国式で使われるティーストレーナーは、それ自体が優雅で素敵ですけれど、
茶葉を入れたままにしますと、どうしても渋みが出てしまいます。
通はその渋みも美味しく楽しめるのかもしれませんが、
私たちは、濃く出しても渋みの少ない銘柄を選びがちな事もあり、
そういう粋な味覚には疎いのですね。

")
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。