悪魔嫁好みの男性ファッション

スポンサーリンク

悪魔嫁の父(白人のクォーター)は遊び人で、
非常にオシャレが好きな人でございました。
1日に何度も服を着替えましたし、
ブランド物もさることながら、
シャツやコートやカフスなど、
オーダーメイドで作った持ち物も多かったです
(何人も愛人を囲っており、
その日会う女性に合わせて、香水も変えておりました)。
父が学校行事で悪魔嫁の母校に来れば、
それだけでファンクラブができてしまう人でもございました。
そんな父は、「ダンディーで上品な服装」が多く、
だらしない恰好やあからさまな着崩しを嫌いました。
悪魔嫁は、男性が父と似た服装をしておりますと、
遊び人センサーが働き、即警戒しがちなのですが、
元々ファッションに興味が無かった天使夫に
「素敵なおじさま」風
のファッションコーディネイトをするのは嫌いではございません。
特に、
「包容力のある大人の男性」
が好きですので、
そのように見えるファッションが悪魔嫁好みでございます。
カジュアルでおしゃれ、ラフな服装よりも、
丹念に手入れされた革靴が似合う服装の方が。。。
では、具体的にどのようなファッションが、
「包容力のある大人の男性」に見えるかと申しますと、
(意外かもしれませんが)
素材が良く、優しい色のキレイめファッション
でございます。
ユキコ道ファッションのようですが。
ロマンスグレーの祖父が、
淡いグレーのスーツを着る姿も、
いつもとても品が良く見えて好きでした
(実際、行儀にうるさい人でもございました・・・)。
街中で、白やパステルカラー、明るいベージュなど、
綺麗な明るい色の服を着た男性は、実はあまり見かけません。
↓悪魔嫁と一緒にチェス対戦中の天使夫
IMG_0919.jpg
↓淡い色のジャケットを着ている天使夫
IMG_0078.jpg
最近ですと、天使夫は、
ブルーグレーのツイードジャケット、紺色のベスト、白いパンツ、茶色の革靴
などを合わせております。
男性が秋冬に着る、
ベルベット生地のジャケットも好きですね。
ただ、天使夫が私好みでない服
(ビビットなピンクのポロシャツとか・・・)を着ましても、
それはそれで何も申しませんけれど。

")
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。