週末の献立と憂慮

週末の献立と憂慮

 

悪魔嫁

「・・・・・・・(カタカタカタ、と作業中)」

 

天使夫
「悪魔嫁さん、金曜日の晩ごはん、何が良い?1F60A - 週末の献立と憂慮

 

悪魔嫁

「・・・・・・。 (作業続行中で顔を上げずに)・・・天使夫さまは?」

 

天使夫

「僕?

 僕が食べたい物、言って良いの?1F604 - 週末の献立と憂慮2728 - 週末の献立と憂慮

 

悪魔嫁

「・・・と、お聞きしようと思いましたけれど、

 貴方のリクエストで決定しますと、

 必ずお肉か脂っこいものばかりなんですよね(手を止めて、遠い目)」

 

天使夫

「悪魔嫁さん、僕が食べたいもの、知りたい?1F495 - 週末の献立と憂慮

 

悪魔嫁

「・・・何なんですの?(怪訝な顔)」

 

天使夫

「(サササッと悪魔嫁に近寄り)

 キスして!キスして!

 キスしたら教えてあげる!!1F60D - 週末の献立と憂慮

 

悪魔嫁

「結構です(引っ付いてくる天使夫を押し返しつつ、作業再開)」

 

天使夫は隙あらば悪魔嫁に絡んで参りますが、

悪魔嫁は反射的に避ける事が多いです。

 

でも、ここへいらした貴女さまは誤解なさらぬよう。

 

ユキコ道では、

妻に触れたがる夫、襲い掛かる夫は、

避けずに野放しにするのが基本ですので。

 

※除くDV

 

私は放牧に積極的ではございませんが、

天使夫の育成状況は概ね把握致しております。

 

悪魔嫁

「すぐ中華をリクエストするのは自重なさっては?

 (天使夫の腰肉を掴む)」

 

悪魔嫁自身、決して折れそうな細身というわけではございませんが、

ほぼ同じ物を食べているはずですし、

明らかに私の方が天使夫よりはるかに運動不足にもかかわらず、

なぜ天使夫だけが一方的に成長していくのでしょうか・・・。

 

悪魔嫁のBMI⇒18.5

天使夫のBMI⇒27.4

 

どこかで何か、こっそり余分に盗み食いしているとしか思えません。

 

最近は天使夫をジムへ強制送還せざるを得ない状況でございます。

 

私はその度に、心にドナドナを抱えているのでございます。

 

 

月額3,600円!老舗のエステサロン【vitule】

小顔にこだわる『vitule』のフェイシャルエステ




")

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。