悪魔嫁が「1人」を好む理由

悪魔嫁が「1人」を好む理由

 

昨年末、悪魔嫁は、

「ハイフェッツが好きだけれど、

流すのはほとんど1人のとき限定」

という記事を以下に投稿させて頂きました。

 

お気に入りの一曲&演奏

 

その理由は、

相手も同じ曲を聴きたい気分とは限らないから

でございます。

 

これは、私が1人で過ごすのを好む理由とほぼ同義です。

 

ものすごく当然の事なのですけれど。

 

いま見たい映像。

いま味わいたい物。

いま聴きたい音楽。

いま嗅ぎたい香り。

いま触れたい感触。

 

どんなに趣味嗜好が合う相手であっても、

365日24時間、まったく同じ感覚・気分で居られるわけがございません。

 

誰かと過ごすという事は、厳密には、

私か相手か、どちらかが一方に、

何かしら合わせる事になるのが普通です。

(お互い相手に合わせるからこそ、新たな発見があったり、

自分にない視野が広がったりするのだとも思いますが)

 

私は、その物事にもよりますが、

たいていの場合、

自分が相手に合わせる以上に、

「相手に合わせて貰っている」

と感じるのが億劫なのでございます。

 

「自由じゃない」と思ってしまいます。

 

音楽もそうです。

 

たとえば、天使夫が実はJ-POPを聴きたいと思って居るのに、

悪魔嫁に合わせてクラシックを(聴きたくも無いのに)聴く。

 

それくらいであれば、クラシックは1人の時に聴き、

常はJ-POPで良いのです。

 

もちろん、天使夫はいくらでも悪魔嫁に合わせてくれます。

それは分かっているのですが、

同じ空間に居る相手には、できるだけ自由で居て欲しいもの。

 

悪魔嫁はと申しますと、

いちいち自分の好みを主張したり、

相手に合わせて貰うのが面倒ですので、

1人の時に完全な自由を得るわけでございます

(中途半端な自由なんて求めてません)。

 

これは友人にも適用される為、

悪魔嫁は、友人には多少傍若無人で居て貰える方が、

かえって気が楽だったり致します。

 

要は、できる限り自分の好きなように、

気ままに過ごして貰える方が、

私の気が重くならないのです。

 

「確かに悪魔嫁と一緒に居るのだけれど、

まるで1人で過ごしているみたい」

↑こういう感覚で居て貰える方が、

往々にして悪魔嫁にとって快適です。

 

もちろん、まだお付き合いが浅い内は、

「何が食べたい?」

などの質問に答えたりはしますが。

 

他方、365日24時間、

100%気が合う人物がこの世には存在致します。

 

それは、自分自身です。

 

私ほど、私と気が合う者は居りません。

 

ですから、そんな自分と完全な自由を満喫できる、

1人の時間が好きなのです。

 

誰に合わせる事も、合わせて貰う事もございません。

 

えっ?

 

悪魔嫁が快適に過ごせるよう、

微に入り細を穿つような気の利かせ方で、

天使夫が奔走するのは気にならないのか、ですか?

 

それは気になりませんよ。

 

彼の心からの自由意志で行っている事ですから。

 

 

 

幸せが掴める結婚相談所【Bridalチューリップ】




")

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。