社会的条件の良い男性との出会い方

スポンサーリンク

さて、今日は昨日お伝えしました通り、
「社会的条件の良い男性との出会い方」について、
書いて参りますね。
ちなみに、「社会的条件の良い」の基準。
基本、年収1億円以上ですが、
年収5000万円くらいの方もいらっしゃいましたね。
上は300億円程度です。
↑単に年収ベースですと、こんな感じを指しています。
私がわざわざお伝えするまでも無い事と存じますが、
年収5000万円以上の方というのは、
基本、サラリーマンではございません。
のちに知りましたが、
国内上場企業の部長クラスでも、
年収2000万円には届かなかったりするみたいですね。
金融系や外資系なら、年収3000~5000万円とか、
サラリーマンでもあり得なくはないのかも知れませんが。
東大卒とか高学歴な方は、
高級官僚とか大企業のエリートサラリーマンになっている方も多いですが、
最初から大企業にお勤めしている方って、
ご自身の待遇に満足・プライドを持たれていて、
あまり起業なさらないんですよね。
大手上場企業のサラリーマンと出会いたい方は、
お目当ての企業に就職しましょう。
こう書くと難しいと思われるかもしれませんが、
いえいえ。
派遣でも構いません。
まずは出会う事が重要ですから。
良い大学を出た女性は、
良い大学を出た男性と結婚しやすいです。
それは、良い大学を出た男性が
たくさん居る環境に身を置きやすいからです。
上場企業に正社員で入社するには、
高学歴である事も求められますが、
派遣社員は別です。
その環境に身を置くことが目的でしたら、
派遣か正社員かはこの際カンケイありません。
1番手っ取り早いです。
でもまあ、上場企業のサラリーマンと結婚しても、
いわゆる「玉の輿」というほどではございませんよね?
というわけで、明日は、サラリーマンではなく、
経営者との出会い方(←こっちが本編?)
をお伝えして参りますね。

")

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。