私のユキコ道実践記10

スポンサーリンク

「愛してる」「大好き」「会いたい」「寂しい」

↑ユキコ道では、これは男性のセリフですよね?

どれだけ私の事を愛しているか。
結婚式や将来の生活はどうするか?

外ではみんなから敬われ、畏れられている男性が、
ユキコ道でいうところの、
「雨に濡れた子犬」状態で駆け寄ってくる…。

プレゼントや連絡、愛の言葉の嵐。

ユキコ道の「溺愛」では、
女性はいつも愛されている実感があり、
何の不安もございません。

ユキコ先生が常々仰っている、

「本当に溺愛されている女性の口からは、
ノロケしか出てきません」

というお言葉は、本当です。

彼らは確かに可愛らしく、いとおしい存在でした。

でも、私を珍しくがっかりさせたお見合い相手さまは、
そんな「溺愛」男性たちと、一線を画しました。

繰り返すようですが、
私は自分に関心が無い男性から連絡が無くても、
何とも思いません。

ですから、

「周りが押しの一手だった中、
 唯一、引いた相手を好きになった」

などではございません。

他の方が熱心にご自分の愛や、
ご自分と居た方が幸せになれるとアピールして下さる中、
彼は一味違ったのです。

彼は、私に怒涛の連絡は寄こしませんでした。
愛の言葉の羅列も、
ご自分の優位性を訴えたりもなさいません。

彼の場合、自分が語り手になるだけでなく、

どんな状態が私にとって快適なのか?
何が私を不快にさせるか?

↑これを粛々と模索なさいました。

つまり、彼は私に好意を伝えるより、
私をより深く理解する事を優先させたのです。

私は、私の事をよく理解しようともせず、
一方的に好意を押し付けられる事が、
本当は好きではなかった。

それが惚れた男性の習性だとしても。

そういうワガママで我が強く、
気難しい女だったのですね。

そんな事、決して口には出しませんでしたけれども。

ユキコ道では、行動を伴ったプロポーズと、
溺愛行動がみられなければ、2ヶ月でサヨナラが鉄則です。

お見合い相手さまとも、2ヶ月経つ前に終わりかなと、
私は思っておりました。

でも、彼は最初の1ヶ月は静かでしたが、
少しずつ距離を詰めてこられました。

詳細は割愛しますが、
彼は、「悪魔嫁の取扱説明書256 - 私のユキコ道実践記10を、
独自の研究により、日々更新していったのです(笑)

(つづく)

")

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。