「若ければ若いほど、良い条件の男性と結婚できる」は本当か?

「若ければ若いほど、良い条件の男性と結婚できる」は本当か?

 

女性の結婚市場価値は、30歳を超えると急暴落する……。

だから、それに気付けなかった女性は、
30歳を超えてから急に焦りだす……。

 

↑巷でよく耳にする状況でございます。

 

でも、それって本当でしょうか?

 

同じ性格・容姿・振る舞いなら、
若い方の女性を選びたいのが男性です。

それは間違いございません。

 

けれど、そもそも

大学卒業後すぐの男性は、年収が低い方が多いです。

 

そして、あらゆる世代からチヤホヤされがちな20代前半の女性は、

この男性で良いのかしら?私ならもっと条件の良い男性と結婚できるんじゃないかしら?

などと思いがちな上、

かといって条件の良い男性は年上過ぎて、

そんなオジサマには興味を持てない女性が多かったりするのです。

 

男性も、今すぐには結婚したくない(もう少し独身を楽しみたい)

という人が多数派で、案外結婚のお話がまとまりません。

 

若くして結婚した裕福なマダムも、

今でこそリッチなだけで、

結婚当初はご主人が低収入だったケースも非常に多いです。

 

つまり、若いうちに結婚できている女性というのは、

そもそも非常にモテたか(あるいは、必然的にモテる環境に居たか)、

さもなくば、たいていアラサー・アラフォー婚活女性より理想の条件が低いのです。

 

ちなみに、20代前半で資産家と結婚する女性は、

家柄や学歴にも非の打ち所がない方が多いです。

 

ユキコ先生も仰っていますが、

「良い男は学生時代のうちに売れてしまう」わけで、

そういう男性と出会える環境に学生の内から身を置くには、

家庭に恵まれていないと厳しいです(不可能ではなく、難しい)。

 

ですから、多くの女性が、

若いうちに自分の納得できる男性と結婚できないのです。

 

社会に出るまでは、

なかなか完全に全てを自分では決められないもの。

 

しかし、社会に出れば状況は変わります。

 

両親や家庭に恵まれず、

周りに素敵な男性が居る環境に身を置けなかったとしても、

社会人になれば、自力で身の周りの環境を変えられます。

 

そういう女性は、

自分の保護者に環境を左右されていた若い頃より、

もっとレベルの高い男性と出会い、結婚できるチャンスが増えます。

 

本当ですよ。

 

アラサー、アラフォーになってからの方が、

身近の男性の質が上がり、

素敵な結婚を果たした女性も大勢いらっしゃいます。

 

彼女たちが自分の身の周りの環境を変える前、

20代前半ならもっと素敵な男性と結婚できていたか?

といえば、私は必ずしもそうではないと考えております。

 

月額3,600円!老舗のエステサロン【vitule】

小顔にこだわる『vitule』のフェイシャルエステ




")

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。